本文へスキップ

一番出世した戦国武将

戦国武将のデータ,ランキング,年表,合戦歴,グッズ

お問い合わせ : info@sengokubusyo.com

戦国で最も出世した武将the best successful general

ホーム > 戦国武将ランキング > 一番出世した戦国武将

一番出世した武将は誰だ

 戦国時代には厳しい身分制度がなく、実力さえあれば誰でも出世するチャンスがあった。
 そのような時代だからこそ大いに出世した武将は多くいたが、その中でも一番出世したのは誰であったのだろうか?


スポンサードリンク


第一位:豊臣秀吉

 農民の出でありながら天下人まで上り詰めた日本一の出世男である。
 有名なエピソードとしては、織田信長の草履を自身の懐で温めておいたことで信長に気に入られ武将に取り立てられたことと、美濃攻略のために一夜にして城を建設することで多大な信頼を得ることに成功したことが挙げられる。
 これらのことからも秀吉はただ者ではないと思わずにはいられない。





第二位:毛利元就

 毛利元就は戦国屈指の智将として有名である。
 当初毛利家は安芸国の国人領主に過ぎなかった。
 それを元就は
一代にして中国地方10カ国の太守にまで上り詰めた。
 まさに戦国屈指の出世男である。



第三位:北条早雲

 北条早雲は大器晩成型の武将で50代後半から目覚ましい活躍を見せている。
 そのおかげで
一代にして伊豆や相模を手中に収め、5代にわたって関東一円を支配した後北条家の基礎を築くことに成功している。



スポンサードリンク

サイト内検索
戦国時代の武将とは
応仁元年(1467年)に戦国時代幕開けのきっかけとなった大乱である応仁の乱が勃発してから、元和元年(1615年)の大阪夏の陣で摂津大阪城が落城するまでの約一世紀半の間に、武力・知力・財力などを用い、その名を天下に知らしめた武将たちのことです。
尾張の風雲児
織田信長
第六天魔王「織田信長」

日本一の出世男
豊臣秀吉
天下人「豊臣秀吉」

江戸幕府初代将軍
徳川家康
征夷大将軍「徳川家康」

戦国時代屈指の名将
武田信玄
甲斐の虎「武田信玄」

軍神
上杉謙信
越後の龍「上杉謙信」

東北最大の英雄
伊達政宗
独眼竜「伊達政宗」

戦国屈指の智将「毛利元就
天下の傾奇者「前田慶次
秀吉が絶賛した武将「直江兼続
四国統一の猛将「長宗我部元親
本能寺の変の主謀者「明智光秀
戦国最強の武将「本多忠勝
織田四天王の一人「柴田勝家
武田軍の伝説的軍師「山本勘助
戦国屈指の戦術家「島津義久
豊臣が誇る名軍師「黒田官兵衛
公式Twitter

戦国武将の名言をツイート